ようこそJapan Highlights Travelへ。
旅へ出かける時の出発エリアはどちらですか?

  • 関西発
  • 中部発
  • 静岡発
  • 首都圏発
Webサイトへ進む
ニッポンの空を彩る魅惑の花火

三河安城駅[岡崎城下家康公夏まつり 花火大会]/写真提供:岡崎市観光協会

  • ニッポンの空を彩る打ち上げ花火の歴史
  • 原点は吹き上げ式の勇壮な「手筒花火」
  • 壮大なスケールで花開き、多くの人を瞬時にして魅了する打ち上げ花火。1年を通して全国各地でさまざまな打ち上げ花火を観賞でき、その日を楽しみにしている方も多いでしょう。その打ち上げ花火のルーツとは、愛知県・三河地方で戦国時代から受け継がれてきた「手筒花火」であると言われています。その目的は、現代のような娯楽としてではなく、五穀豊穣や悪霊退散を願って奉納されたもので、厳粛な神事のひとつとでした。また、そのスタイルは実に原始的!近年の花火大会のほとんどで見られるような、火薬玉を空高く打ち上げてドーンと放出させる…というスタイルではありませんでした。花火衆が点火した大きな筒を手に抱え、火花を放出させるという“吹き上げ式” で、強烈な火柱、降り注ぐ火の粉がとても幻想的な花火でした。ただし、張り詰めた空気の中で訪れるその瞬間は花火衆にとってもまさに命がけ。今の時代に行われる手筒花火でも、緊張のあまり、熱さを感じない人も多いそうです。
  • 豊橋駅[豊橋祇園祭(手筒花火)]
  • 花火の発展のきっかけとなった家康公の花火観賞
  • 戦国の世が明け、江戸時代初期には徳川家康公が駿府城ではじめて観賞として花火を楽しんだと伝えられています。当時を記録した『駿府記』によれば、竹筒に火薬を詰めて点火させた、手筒花火に似た「立花火」だったそうで、新しもの好きと言われた家康公でも大変な驚きと感動があったことは想像にかたくないでしょう。この家康公の花火観賞をきっかけに、家康公の生誕地・三河では花火の製造や打ち上げが盛んに行われるようになりました。もっとも、三河地方では以前から軍事用の火薬の製造が盛んで、戦国の世が終わって出番が減った火薬が花火に転用された、という歴史背景もあります。
    1. 豊橋駅
      [手筒花火]
    1. 豊橋駅
      [羽田祭(手筒花火)]
    1. 豊橋駅
      [炎の祭典(手筒花火)]
    1. 豊橋駅
      [豊橋祇園祭(手筒花火)]
    1. 新富士駅
      [富士山 開山祭と富士開山奉納手筒花火]
    1. 静岡駅
      [静岡まつり]
    1. 三島駅
      [三嶋大祭り]
    1. 豊橋駅
      [田原祭り]

2018年8月16日更新

  • この時期"おすすめ"
  • 東海道沿線 [花火大会]開催日時
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
ゴン中山presents MISSION in 静岡

東海道新幹線沿線

フリーワード

おすすめのキーワード

日本の代表的なグルメ・観光スポットを紹介します。
東京・小田原・箱根・熱海・富士山・静岡・浜松・名古屋・京都・大阪エリア周辺情報が満載です。

Japan Highlights Travelとは?

画像・イラストはすべてイメージです。