山中城跡の障子堀の紹介 | 日本絶景スポット | 東海道沿線周辺の観光ならJapan Highlights Travel

時代を超えていまに残る、戦国武将たちの知恵と工夫の障子堀

山城の中に突如現れる、幾何学的な造形。その正体は城を守るための堀です。障子のさんのように見えることから、障子堀と呼ばれ、防衛目的のほか、用水池としても使われていました。山中城は小田原の西の防衛を担う重要拠点として北条氏康によって築かれましたが、1590年に豊臣秀吉軍の総攻撃に遭いわずか半日で落城したといわれています。戦いの後すぐに廃城されたため、北条氏の城郭構造の特徴がよく残っており、障子堀もそのひとつです。

※こちらでご紹介している写真は、天候・時間帯などの様々な条件がそろった時にだけご覧いただける風景になります。

  • 眺望可能期間:
  • 通年
  • 眺望難易度:
  • ★★☆
  • Feeling:
  • 圧倒されたい

旅のワンポイント

障子堀は本丸の西側、西櫓と西ノ丸の間に見られます。城跡はいつでも自由に散策が可能ですが、バスが停まる広場から西ノ丸へは、徒歩で10分ほどかかります。障子堀を中心に見学するなら約1時間、広い山中城跡公園の端から端まで見学するなら、約2時間みておくとよいでしょう。

"山中城跡" 旅の楽しみ

山中城へは、三島駅からバスで約30分。障子堀のある西ノ丸付近からは富士山も望めます。駅から徒歩約13分の三嶋大社は、源頼朝にゆかりのある神社で、春には約200本の桜が咲き乱れるお花見スポットとしても有名。珍品種の梅もあります。三ツ谷新田周辺では冬の風物詩、富士山を背景にした大根干しも圧巻の風景です。食事なら、リバーサイドガーデン フォーシーズンなどで食べられるご当地グルメ「みしまコロッケ」や、駅周辺のお店でも食べられるうなぎがおすすめです。

三嶋大社

三島うなぎ

"山中城跡" に行くなら一緒に見に行きたい「三島駅周辺のおすすめスポット」

[周辺MAP]

2015年3月27日更新

東海道新幹線沿線

東海道新幹線沿線

その他沿線

フリーワード

おすすめのキーワード

日本の代表的なグルメ・絶景スポット・観光スポットを紹介します。東京・小田原・箱根・熱海・富士山・静岡・浜松・名古屋・京都・大阪エリア周辺情報が満載です。

Japan Highlights Travelとは?

画像・イラストはすべてイメージです。