ようこそJapan Highlights Travelへ。
旅へ出かける時の出発エリアはどちらですか?

  • 関西発
  • 中部発
  • 静岡発
  • 首都圏発
Webサイトへ進む
尾張徳川家に伝えられた蔵書がぎっしり
蓬左とは、江戸時代に使用されていた名古屋の別称のこと。この名を冠した「蓬左文庫」は、徳川家康が死去した後、尾張徳川家に譲られた遺品の蔵書3千冊余を書物蔵に保管したのが始まりです。現在では旧尾張徳川家の蔵書を中心に和漢の優れた古典籍を保管し、展示室や閲覧室で蔵書を一般公開しています。大名庭園を模した公園「徳川園」の敷地内にあり、尾張徳川家の至宝を展示した「徳川美術館」も隣接。お得な共通入館券を利用して、尾張徳川家の貴重な蔵書や至宝に親しんでみては。
  • 蓬左文庫の外観
  • エントランスホールは昭和58年(1983)まで蓬左文庫の書庫として使用していた旧書庫を再利用
  • 徳川美術館と連絡するガイダンスホールの床面には江戸時代の名古屋城下町の地図を再現
定休日
毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
※その他臨時休館あり。詳しくはホームページをご確認ください。
時間
  • 開館時間
  • 10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
住所
  • 愛知県名古屋市東区徳川町1001
料金
蓬左文庫・徳川美術館 共通入館料
おとな 1,400円
高校生・大学生 700円
小学生・中学生 500円
交通
JR東海道新幹線「名古屋駅」からなごや観光ルートバス・メーグルで約35分、「徳川園・徳川美術館・蓬左文庫」下車すぐ
※なごや観光ルートバス・メーグルは毎週月曜日(祝日の場合は直後の平日)および年末年始(12月29日~1月3日)は運休となります。
URL

[蓬左文庫]の関連情報

[周辺マップ]

14

  • 35.183413135560365
  • 136.93257481597334
365days of 東海道
[項目ごとに掛け合わせ検索できます。]

東海道新幹線沿線

東海道新幹線沿線

その他沿線

フリーワード

おすすめのキーワード

日本の代表的なグルメ・観光スポットを紹介します。
東京・小田原・箱根・熱海・富士山・静岡・浜松・名古屋・京都・大阪エリア周辺情報が満載です。

Japan Highlights Travelとは?

画像・イラストはすべてイメージです。