ようこそJapan Highlights Travelへ。
旅へ出かける時の出発エリアはどちらですか?

  • 関西発
  • 中部発
  • 静岡発
  • 首都圏発
Webサイトへ進む
トヨタ産業技術記念館(名古屋市)
昭和11年に、乗用車第一号として発売された観音開きドアのトヨダAA型乗用車。当時としては画期的な流線型のデザインだ。このAA型の技術が後の自動車産業を支える基礎となった。

※施設によっては臨時休館日、入館時間に制限や曜日による変動などを設けている場合がありますので、詳細は事前に各施設にご確認ください。

父から子へと受け継がれたモノづくりスピリッツ

  • トヨタグループの創始者で発明家・豊田佐吉は、明治23年(1890)、画期的高性能を誇る豊田式木製人力織機を完成。大正13年(1924)には世界最初の、スピードを落とさずよこ糸が補給できる、完全な無停止杼換式豊田自動織機(G型)を完成した。この発明が、愛知の繊維機械産業を世界レベルへと躍進させたのである。
  • 当時、長男の喜一郎も繊維機械の開発業務に携わっていたが、佐吉から「お前は自動車をやれ」と、新たな挑戦の道を託されていた。
  • そして昭和4年、欧米視察の折、大衆にまで普及した自動車産業の隆盛を目の当たりにし、「自動車への夢」を実現しようと決意する。
  • それからの喜一郎の生涯は、小型エンジンの試作に始まり、A型エンジンの完成、A1型乗用車の試作、AA型乗用車の製造、トヨタ自動車工業の設立と、まさに国産自動車産業の発展の歴史そのものだった。と同時に、自動車関連の様々な部品開発を通じて、愛知中にモノづくりスピリッツが浸透していったのだ。
  • 環状織機

    エントランスロビーには、佐吉が明治39年(1906)に発明した環状織機が動態展示されている。回転円運動で超幅広の布を静かに織りあげる画期的な織機で、世界から「夢の織機」と称された。時間:9時30分~17時 料金:500円 定休日:月 お問い合わせ先:052・551・6115

  • トヨタ産業技術記念館では、佐吉から喜一郎へと受け継がれたモノづくりスピリッツが、動態展示という実際に動く形で体感できる。
  • 世界を驚かせた佐吉の発明や、国産自動車開発に生涯を捧げた喜一郎の夢に、ぜひ触れてみよう。
  • 隅櫓

    繊維機械館では、豊田式木製人力織機やG型自動織機、コンピュータを使った最新織機などを動態展示。各担当者が実際に動かしながら発明の特徴や、技術進歩の経緯をわかりやすく説明してくれる。

  • 襖絵

    昭和5年、喜一郎は「自動車への夢」を実現するため、豊田自動織機製作所内で若い研究者たちと一緒に、自転車に付ける小型ガソリンエンジンの試作を重ねながら、自動車の研究を開始した。

  • 愛知産業観光マップ
  • 愛知産業観光マップ
  • なごや観光ルートバス「メーグル」
  • なごや観光ルートバス「メーグル」
  • 名古屋駅を始点とし11の地点にバス停が設置されている。1日乗り放題の1DAYチケット(500円「メーグル」車内販売)を利用すれば、便利でお得な観光スポット巡りが楽しめる。時間:9時30分~18時15分 定休日:月・年末年始 お問い合わせ先:052・972・2425(名古屋市観光文化交流局観光推進室)
  • 愛知1泊フリープラン

INDEX

  • 城・町づくり
  • 繊維機械 自動車産業
  • 窯業
  • 鉄道産業 航空産業
  • 醸造産業

2018年9月20日更新

東海道新幹線沿線

東海道新幹線沿線

その他沿線

フリーワード

おすすめのキーワード

日本の代表的なグルメ・観光スポットを紹介します。
東京・小田原・箱根・熱海・富士山・静岡・浜松・名古屋・京都・大阪エリア周辺情報が満載です。

Japan Highlights Travelとは?

画像・イラストはすべてイメージです。