ようこそJapan Highlights Travelへ。
旅へ出かける時の出発エリアはどちらですか?

  • 関西発
  • 中部発
  • 静岡発
  • 首都圏発
Webサイトへ進む
本丸御殿
写真は復元された、寛永11年(1634)、3代将軍家光の御座所として建てられた本丸御殿の上洛殿。狩野派の絵(復元)や彫刻欄間、華麗な飾金具、漆塗の格天井などで彩られ、最も豪華に飾られた。(最終入場16時)

写真提供/名古屋城総合事務所

約400年前の名古屋城の絢爛豪華さが、今に蘇る

  • 名古屋城では本丸御殿の復元が完成し、いま大きな話題になっているが、話は約400年前に遡る。
  • 徳川家康は、慶長5年(1600)の関ケ原の戦いに勝利したあと江戸幕府を開き、豊臣秀頼との武力衝突に備え、大坂城を囲むように多くの城を整備していく。
  • 中でも清須城は、かつて織田信長の天下統一の拠点とされ城下町が整備されると共に尾張国の中心として栄え、家康の第九子・徳川義直が城主として封ぜられていた。
  • しかし家康は、清須城や町が大軍を収容できる規模がないこと、低地なので川の氾濫による水害も多いことなどから、当時、那古野と呼ばれていた地に遷府を決意。
  • そして慶長14年(1609)、家康は名古屋城の築城と名古屋遷府を発令した。これが歴史に残る「清州越し」である。
  • 「名古屋城史」などによると、当時名古屋城の周りには断崖や沼があり、川も流れる天然の要害で、南と東には大規模な城下町の建設が可能な広がりがあり、その先は東海道と熱田湊となっていた。
  • 「家康の名古屋城築城構想は、こういった軍事面、経済、文化、流通の中心として、尾張の将来の発展を予感させる見事なものだった。
  • と同時に、秀吉恩顧の加藤清正や福島正則など西国の20大名には、それぞれの所領の石高に応じて名古屋城普請の助役を命じた。いわゆる「天下普請」である。
  • 天守閣

    天守閣
    名古屋城の天守閣は、下から上までほぼ一体的な形の層塔型と呼ばれる新しい構造だ。天守の頂には火除けのまじないのため一対の金鯱が乗る。(※現在、天守閣には入場できませんが、外観は見学できます)
  • 石垣

    石垣
    本丸搦手枡形の石垣には、加藤清正が積み上げたと伝えられる表面積が約十畳敷の、名古屋城最大の石垣石材「清正石」がある。時間:9時~16時30分 料金:500円 お問い合わせ先:052・231・1700(名古屋城総合事務所)
  • まさに徳川幕府の権威と天下統一への象徴が、慶長17年(1612)に完成した名古屋城だったのだ。
  • そして天守閣がある本丸中央には慶長20年(1615)、初代藩主義直の居館として「本丸御殿」が建てられ、将軍上洛の際の宿舎としても利用された。本丸御殿は、江戸時代初期の武家風書院造の最高傑作といわれ、昭和5年には国宝に指定され一般公開されていたが、昭和20年戦災により焼失。
  • ところが今年6月、歴史的・文化的価値が高い本丸御殿の復元がついに完成。漆や金箔で彩られた約400年前の絢爛豪華な空間が、愛知モノづくりスピリッツで培われた最先端の技術と職人の精緻な技で蘇り、一般公開されている。
  • 秋には築城時の姿を残す隅櫓内部や、「竹林豹虎図」など重要文化財公開も予定されているという。
  • 17世紀初頭、尾張が日本の中心として歩み始めた栄華に思いを馳せながら、じっくりと鑑賞しよう。
  • 隅櫓

    隅櫓
    名古屋城には約400年前に建てられた3つの隅櫓が残る。写真は御深井丸に立つ西北隅櫓。
  • 襖絵

    襖絵
    丸御殿玄関には狩野派絵師の「竹林豹虎図」(復元)など虎の絵が多く描かれている。
  • 徳川美術館
  • 徳川美術館
  • 国宝「初音蒔絵調度」(徳川美術館所蔵)

    ©徳川美術館イメージアーカイブ/DNPartcom

  • 本丸御殿での暮らしを伝える婚礼調度を展示
  • 徳川家康の遺品を中心に、尾張徳川家初代義直以下代々の遺愛品、1万件余りを収蔵。意匠が源氏物語の初音の帖に因む国宝「初音蒔絵調度」は、寛永16年(1639)、3代将軍家光の長女・千代姫が数え年3歳で、尾張徳川家2代・光友に嫁入りしたときの婚礼調度。11月3日~12月16日は収蔵の国宝「源氏物語絵巻」も特別展示。
    時間:10時~17時 料金:1400円 定休日:月 お問い合わせ先:052・935・6262
  • 愛知産業観光マップ
  • 愛知産業観光マップ
  • なごや観光ルートバス「メーグル」
  • なごや観光ルートバス「メーグル」
  • 名古屋駅を始点とし11の地点にバス停が設置されている。1日乗り放題の1DAYチケット(500円「メーグル」車内販売)を利用すれば、便利でお得な観光スポット巡りが楽しめる。時間:9時30分~18時15分 定休日:月・年末年始 お問い合わせ先:052・972・2425(名古屋市観光文化交流局観光推進室)
  • 愛知1泊フリープラン

INDEX

  • 城・町づくり
  • 繊維機械 自動車産業
  • 窯業
  • 鉄道産業 航空産業
  • 醸造産業

2018年9月20日更新

東海道新幹線沿線

東海道新幹線沿線

その他沿線

フリーワード

おすすめのキーワード

日本の代表的なグルメ・観光スポットを紹介します。
東京・小田原・箱根・熱海・富士山・静岡・浜松・名古屋・京都・大阪エリア周辺情報が満載です。

Japan Highlights Travelとは?

画像・イラストはすべてイメージです。