ようこそJapan Highlights Travelへ。
旅へ出かける時の出発エリアはどちらですか?

  • 関西発
  • 中部発
  • 静岡発
  • 首都圏発
Webサイトへ進む
  • 愛知県おすすめフォトジェニックスポット6撰
  • オアシス21
  • フォトジェニックスポット1

    オアシス21

  • 巨大なガラスの屋根をもつ「水の宇宙船」がシンボルの、名古屋を代表するランドマーク。大屋根には薄いヴェールのように水が流れる池があり、太陽の光が波紋に反射してキラキラと輝く。屋根の外周には散策道があり、地上14mの空中散歩も楽しめる。幻想的な写真が撮りたいなら、ぜひ日没後に訪れてみて。大型LED機器42台による、季節ごとにテーマを設けたライティングが、夜の街に浮かぶ“宇宙船”を出現させる。宇宙船をバックに、記憶に残る1枚を撮影しよう。
  • 三光稲荷神社
  • フォトジェニックスポット2

    三光稲荷神社

  • 国宝・犬山城のある城山の麓に鎮座する、歴史ある神社。ここでは縁結びにご利益のありそうな、かわいくてポップな写真を撮ることができる。この神社オリジナルの、中央に赤文字で“縁”と書かれた、ピンク色のハート型絵馬。1枚だけでも絵になるけれど、写真を撮るならハートがずらりと並ぶ絵馬掛けの前で。犬山城へと向かう道につながる、鳥居の立ち並ぶ道は、朱色の鳥居とピンクの絵馬のコントラストを写真に収められる、絶好のフォトスポットだ。
  • ハイジのブランコ
  • フォトジェニックスポット3

    ハイジのブランコ

  • 名古屋から約1時間半で行ける日間賀島は、タコやフグなど海の幸が豊富で、美しい海やノスタルジックな港など、いたるところで写真を撮りたくなる気軽なリゾート。なかでも人気のスポットは「ハイジのブランコ」。空や海を背景に漕ぎ出せば、まるで『アルプスの少女ハイジ』のような世界観に浸れる絶景スポットだ。歩いても回れる島なので、美しい海の風景や新鮮な魚介類を堪能しながら、のんびりと写真を撮る、そんな小旅行を楽しんで。
  • やきもの散歩道
  • フォトジェニックスポット4

    やきもの散歩道

  • 焼き物のまち・常滑市にある、赤レンガの煙突や窯が立ち並ぶ散歩道。道の途中にある「土管坂」は土管や焼酎瓶が壁を覆い、焼き物に囲まれて写真を撮ることができる。国の重要有形民俗文化財にも指定された貴重な「登窯」は窯の内部まで見学することができ、レトロで、どこか遺跡のような雰囲気が写真映え間違いなしだ。そのほかの窯場の跡や、焼き物のまちならではの煙突など、ノスタルジックな風景を写真に収めたい。
  • 佐久島
  • フォトジェニックスポット5

    佐久島

  • 島全体にアート作品が点在しており、どこを切り取ってもSNS映えが狙える。西地区の大浦沿岸にあり、9つに仕切られた黒いキューブ型の作品「おひるねハウス」は好きなマスに寝そべったり座ったりして、波の音に耳を傾けながらおもしろい写真が撮れる。その対岸にある「イーストハウス」は白い2つの東屋と、それをつなぐ長いベンチからなる作品。東屋越しの海の景色など、かわいいフレームフォトに挑戦してみよう。
  • 豊川稲荷
  • フォトジェニックスポット6

    豊川稲荷

  • 日本三大稲荷のひとつとされ、古くから商売繁盛の神様として年間約500万人が訪れる人気スポット。神社ではなくお寺なのに、境内の参道には鳥居が立っていてなんとも不思議な場所だ。本殿にお参りした後は、800体以上の狐の石像が並ぶ「霊狐塚」へ。表情豊かな“おきつね様”と一緒にパチリ! この石像はここでの参拝後、願いがかなった人たちが奉納しているそう。ここで写真を撮れば、あなたの願いもかなうかも!?
  • 愛知DC1泊フリープラン

2018年9月20日更新

東海道新幹線沿線

フリーワード

おすすめのキーワード

日本の代表的なグルメ・観光スポットを紹介します。
東京・小田原・箱根・熱海・富士山・静岡・浜松・名古屋・京都・大阪エリア周辺情報が満載です。

Japan Highlights Travelとは?

画像・イラストはすべてイメージです。