ようこそJapan Highlights Travelへ。
旅へ出かける時の出発エリアはどちらですか?

  • 関西発
  • 中部発
  • 静岡発
  • 首都圏発
Webサイトへ進む

未来インタビュー産業観光篇

12

100年培ったモノづくり文化を次代に繋ぐ、「産業観光の森」株式会社ノリタケの森 代表取締役社長 渡邊 潤氏
  • 渡邊 潤氏

    「オールドノリタケ」が展示されている「ノリタケミュージアム」

  • 19世紀後半、海外貿易を通して出会った白く美しい陶磁器を日本でつくりたい。創業者森村市左衛門の思いは、愛知の地で近代的な製陶工場の建設、日本初のディナーセット生産へと結実。それはやがて「ノリタケチャイナ」の名で世界中に広がり、その感性豊かなデザインと確かな品質で食卓を彩ってきました。そして、創立から100年余。日本の近代陶業発祥の地で、ノリタケが育んできたモノづくりの素晴らしさを伝え続ける場所として、また地域社会との共栄を目指し、「ノリタケの森」は開設されました。

質問その1 お仕事の内容について教えてください。

「ノリタケの森」はノリタケ創立100周年記念事業の一環として、2001年10月に開園しました。100年におよぶ事業を次の100年に繋げていこうという決意と、1世紀にわたり支援をいただいた地域の皆様に感謝の気持ちを込めて本社敷地内を開放しています。園内には約6,000本の樹木や花が植えられ、陶磁器の製造工程やオールドノリタケがご覧いただけるクラフトセンターやミュージアム、ノリタケの歴史や現在の事業を紹介するウェルカムセンター、ノリタケ食器を一堂に揃えたショップ、レストランやカフェも併設しています。

質問その2 お仕事に対しての「こだわり」「想い」について教えてください。

ノリタケブランド発信の拠点として、産業文化を発信し続けるとともに各施設のさらなる魅力向上を図ること。そして、ノリタケの森への来場者誘致を通じて会社の知名度・ブランドイメージの高揚を図ること。こうした、会社保有財産である歴史や施設の有効な活用を通じて、来場者に新たなノリタケの発見・理解の深耕を促す企画・広報活動を推進していきます。また、緑地環境の維持により、都会の自然環境にも寄与していきます。

質問その3 お仕事を通じて、思い描く「未来」について教えてください。

「ノリタケの森」は毎年30万人以上の来園者をお迎えしており、国内はもとより海外からも幅広い年齢の方にお越しいただいています。また小学生の社会科見学や分散学習、高校生や大学生の研究課題としてもご利用いただいています。今後も日本の近代陶業の歴史と現在の姿を通して、モノづくりのすばらしさを伝える場所として「ノリタケの森」が産業観光の促進に貢献できれば幸甚です。

熟練の職人による素描の実演
熟練の職人による素描の実演

「名古屋市」ノリタケの森の情報はこちら

株式会社ノリタケの森 代表取締役社長 渡邊 潤氏

1978年入社、食器事業部で海外営業を約30年担当し、その間に米国の販売子会社に3回駐在。最初の駐在で「オールドノリタケ」の存在を知り、改めてノリタケカンパニー設立時の使命とその歴史を再認識し、食器拡販に注力。2011年4月~2012年12月 (株)ノリタケの森社長、2013年1月~2015年3月 (株)ノリタケカンパニーリミテド総務部長、2015年7月より現職に就く。

  • 愛知1泊フリープラン

「未来インタビュー」記事一覧

  • 15.受け継がれてきた祭礼は、人々の手により未来の遺産となる 尾張津島天王祭 下車祝司 山田信秀氏
  • 14.地域活性への熱い想いとこだわり、それが街と文化の未来を広げる 鈴木惠子氏
  • 13.自然の魅力は、その素晴らしさを未来へ繋ぎたいという心を動かす 蒲郡市竹島水族館館長 小林龍二氏
  • 12.100年培ったモノづくり文化を次代に繋ぐ、「産業観光の森」 株式会社ノリタケの森 代表取締役社長 渡邊 潤氏
  • 11.徹底したお客様視点、おもてなしの心で、水族館を未来のコミュニティに 蒲郡市竹島水族館館長 小林龍二氏
  • 10.つねに進化を求めることで、日本酒を新たなる未来へと導く 醸造家 久野九平治
  • 09.時代に沿った発想で、伝承技法を未来へと導く陶芸家 水野智路氏
  • 08.島全体が一つになって魅力を創り、未来へと繋ぐ 「日間賀島」南知多町観光協会副会長 鈴木甚八氏
  • 07.伝統を守りつつ挑戦し続ける。だからこそ、未来が開かれる 田村七宝工芸 五代目 田村有紀氏
  • 06.地元の人々の深い理解から、なごやめしの未来が見えてくる なごやめし普及促進協議会 アドバイザー 大竹敏之氏
  • 05.三英傑の夢と信念が歴史を変え、日本の未来を拓いた奈良大学 文学部 文化財学科教授 千田嘉博氏
  • 04.モノづくりの未来は、日本の産業を支えてきた歴史の先にある「トヨタ産業技術記念館」館長 飯島修氏
  • 03.変えないことも、進化することも、未来に繋がるからくり人形師九代玉屋庄兵衛氏
  • 02.もっとおいしく、簡単に。未来の味のヒントはここにある株式会社Mizkan MD 本部開発技術部 開発技術1課兼 味確認室 小松一善氏
  • 01.時速500k超の超電導リニアが日本の未来を切り拓く「リニア・鉄道館」 館長 天野満宏氏

「ノリタケの森」へ行こう!愛知を巡るおすすすめモデルコース

「せともの」を楽しむ一日 日本を代表する陶磁器の産地・常滑と瀬戸でやきものの魅力に触れる
  • とこなめ招き猫通り
  • INAX ミュージアム
  • 瀬戸蔵ミュージアム
  • ノリタケの森
  • 炭火で皮はパリッと身はふっくら焼き上げられた鰻を3通りの食べ方で ひつまぶし 備長 (エスカ店)
  • ※お出かけの際には営業日、営業時間等をH.P等でご確認の上ご参加ください。
    • 愛知1泊フリープラン

モデルコースを見る

愛知ならではの伝統文化に触れる

  • 未来は受け継がれる歴史の上にありこころ揺さぶる伝統文化

2017年10月30日更新

YouTuber Kazuの新幹線で日帰り「ふじのくに静岡」大大大大満足旅!!

東海道新幹線沿線

フリーワード

おすすめのキーワード

日本の代表的なグルメ・観光スポットを紹介します。東京・小田原・箱根・熱海・富士山・静岡・浜松・名古屋・京都・大阪エリア周辺情報が満載です。

Japan Highlights Travelとは?

画像・イラストはすべてイメージです。