ようこそJapan Highlights Travelへ。
旅へ出かける時の出発エリアはどちらですか?

  • 関西発
  • 中部発
  • 静岡発
  • 首都圏発
Webサイトへ進む

掛川駅[全国花火名人選抜競技大会 ふくろい遠州の花火]

  • ニッポンの夏を彩る打ち上げ花火の歴史
  • 原点は吹き上げ式の勇壮な「手筒花火」
  • 壮大なスケールで花開き、多くの人を瞬時にして魅了する打ち上げ花火。夏になると全国各地の花火大会で個性あふれるさまざまな打ち上げ花火を観賞でき、その日を楽しみにしている方も多いでしょう。その打ち上げ花火のルーツとは、愛知県・三河地方で戦国時代から受け継がれてきた「手筒花火」であると言われています。その目的は、現代のような娯楽としてではなく、五穀豊穣や悪霊退散を願って奉納されたもので、厳粛な神事のひとつとでした。また、そのスタイルは実に原始的!近年の花火大会のほとんどで見られるような、火薬玉を空高く打ち上げてドーンと放出させる…というスタイルではありませんでした。花火衆が点火した大きな筒を手に抱え、火花を放出させるという“吹き上げ式” で、強烈な火柱、降り注ぐ火の粉がとても幻想的な花火でした。ただし、張り詰めた空気の中で訪れるその瞬間は花火衆にとってもまさに命がけ。今の時代に行われる手筒花火でも、緊張のあまり、熱さを感じない人も多いそうです。
  • 豊橋駅[豊橋祇園祭(手筒花火)]
  • 花火の発展のきっかけとなった家康公の花火観賞
  • 戦国の世が明け、江戸時代初期には徳川家康公が駿府城ではじめて観賞として花火を楽しんだと伝えられています。当時を記録した『駿府記』によれば、竹筒に火薬を詰めて点火させた、手筒花火に似た「立花火」だったそうで、新しもの好きと言われた家康公でも大変な驚きと感動があったことは想像にかたくないでしょう。この家康公の花火観賞をきっかけに、家康公の生誕地・三河では花火の製造や打ち上げが盛んに行われるようになりました。もっとも、三河地方では以前から軍事用の火薬の製造が盛んで、戦国の世が終わって出番が減った火薬が花火に転用された、という歴史背景もあります。
  • 豊橋駅[炎の祭典(手筒花火)]
    豊橋駅[羽田祭(手筒花火)]
  • 今年はどの花火大会に注目?
    大迫力をその場で体感して
  • 技術革新により花火大国となったニッポン
  • やがて諸大名や江戸の町人たちの間で打ち上げ花火は大流行し、夏の娯楽へと進化していきました。たとえば、暑さをしのぐ場として人気だった江戸の隅田川。うちわ片手に多くの人が「涼み舟」に乗り込み、食事やお酒を楽しみながら、花火を楽しんだと言われています。ご存知、「鍵屋」「玉屋」といった花火屋が登場したのもこの頃。花火職人が趣向を凝らして競うように花火を上げ、江戸っ子たちは「たまやー」「かぎやー」と声をかけてその美しさを称えたといいます。
    ところで、職人技を最大限に駆使した江戸の花火とは、一体どんなものだったのでしょうか?実は当時、色はまだ赤橙色の一色しかなく、輝きも弱いものでした。その様相が変化したのは明治時代。酸化剤や発光剤、赤や青などに発色する炎色剤(金属化合物)が輸入され、多種多様な光や色、音の創造が可能になったといいます。しかし、多種多様の原料を使用することで爆発する危険性も高く、花火職人たちは常に危険と隣り合わせで技術を磨いたとか。その後も花火の人気は衰えず、戦後には職人技を競うコンクールが目玉となる花火大会も登場します。そうした切磋琢磨のうえで打ち上げ花火は飛躍的に発展。今や世界有数の花火大国として評され、毎年たくさんの大輪の花がニッポンの空に輝いています。
  • 掛川駅[全国花火名人選抜競技大会 ふくろい遠州の花火]
  • 毎年多くの感動を呼ぶバラエティ豊かな花火大会
  • 三河や江戸を抱える東海道はもちろん、全国各地で行われるようになった花火大会。季節も夏だけでなく、季節を問わず大きなイベントのフィナーレなどでも目にするようになりました。形態も単発の打ち上げ式だけでなく、一度にたくさん打ち上げる仕掛けを施した「スターマイン」や水上で扇形に開く「水中花火」、火の粉を詰めたパイプを吊るし、一気に点火する滝のような「ナイアガラ」など、名前を挙げたらキリがないほど。音楽とコラボレーションした花火などもあり、複合的なイベントとして老若男女を問わず、多くの人に愛されるエンターテインメントショーとなっています。
    さあ、今年はどの花火大会へ出かけますか?体に響く大迫力の音、見たこともないようなきらめき…。空高く見上げ、会場が一体となるあの感動は、会場に足を運んでこそ。それぞれの特徴を知って、より楽しく花火を観賞してみませんか。
  • 熱海駅[熱海海上花火大会]

2016年7月21日更新

  • この時期"おすすめ"
  • 東海道沿線 [花火大会]開催日時
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 7月
  • 8月
  • 9月

東海道新幹線沿線

フリーワード

おすすめのキーワード

日本の代表的なグルメ・観光スポットを紹介します。東京・小田原・箱根・熱海・富士山・静岡・浜松・名古屋・京都・大阪エリア周辺情報が満載です。

Japan Highlights Travelとは?

画像・イラストはすべてイメージです。