ようこそJapan Highlights Travelへ。
旅へ出かける時の出発エリアはどちらですか?

  • 関西発
  • 中部発
  • 静岡発
  • 首都圏発
Webサイトへ進む
東海道の桜旅 春の訪れを愉しむ 桜は日本の文化の象徴

小田原駅[小田原桜まつり(小田原城址公園)]

日本人は万葉の昔から「桜」を心のよりどころとして歌に詠みついできました。また、桜の樹の下で集う「花見」や「観桜」という慣習も今日まで大切に受け継がれています。桜は日本人の美意識を育み、日本固有の文化に多大な影響を与えた特別な存在なのです。各地で満開となる桜を愛で、日本ならではの春の喜びに浸ってみませんか。

  • 歌人が詠みついだ

    「桜」の魅力とは?

  • 「桜」は春の象徴、また花の代名詞として、和歌や俳句でよく詠まれたテーマです。
  • たとえば平安時代前期の『古今和歌集』では、在原業平が「世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし」、紀友則が「ひさかたの 光のどけき 春の日に 静心なく 花の散るらむ」と、儚い花の命を惜しむ歌を遺しています。
  • 桜は、満開も美しいが、散り際も美しい――。そう感じるのは、散り際に儚さや潔さを投影する日本人独特の感性なのかもしれません。

岐阜羽島駅 [中将姫誓願桜]

京都駅 [醍醐寺]

  • 1200年も前に始まった

    「観桜」

  • 桜の花の下の宴会、つまり花見は日本の春の風物詩です。花見の歴史は古く、最初は野生の山桜の「桜狩り」から始まりました。それがいつしか人の住む空間に桜を育てるようになり、弘仁3年(812)には嵯峨天皇が南殿で最初の「観桜会」を催したと伝えられています。
  • 歴史上もっとも有名なお花見といえば、豊臣秀吉公による「醍醐の花見」でしょう。慶長3年(1598)秀吉公は京都の醍醐寺に700 本の桜を植えさせ、約1300 名を従えて盛大な宴を催しました。

  • 今や全国各地で楽しめる

    「花見」

  • 花見は王侯貴族だけでなく、庶民にも愛されてきましたが、田植えの時期の合図であったり、だいたいは寺社の境内や領主の庭先に植えられた1本の桜を愛でることが一般的でした。
  • しかし、江戸時代に庶民の花見は大きな変化を遂げます。江戸っ子たちは、桜の散り際がさっぱりしていることや、いつ満開になるか前もって予測できないところを自分たちの気性になぞらえました。特に江戸時代末期に育成された、一気に咲いてパッと散るソメイヨシノは、江戸っ子気質そのもの。彼らは満開の予想をたて、仲間たちと酒と肴を携えて、桜の名所にどっと大勢で繰り出したのです。
  • この花見スタイルが今も受け継がれているのはご存知の通り。明治維新後の植栽により花見のスポットも増え、その美しさもさまざまです。今年はどこへ出かけようか、家族や仲間同士でお花見の場所を探すのも、現代の楽しみのひとつです。

熱海駅 [熱海城桜まつり]

  • 豊橋駅 [さくらまつり(向山緑地ほか)

  • 新大阪駅 [大川さくらクルーズ]

  • 桜にまつわる意外な事実

    「桜」より「梅」が人気だった?

  • 「梅は咲いたか 桜はまだかいな」という江戸端唄にあるように、梅は早春を告げる花。実は桜の花見は平安時代になってからで、奈良時代は中国から伝わったばかりの梅を観賞していました。日本最古の和歌集『万葉集』でも桜より梅を詠んだ歌のほうが多く、平安時代の『古今和歌集』でその数が逆転するのだとか。
  • 梅と桜は、日本人にとっては単なる花ではなく、日本人の心を映し出す象徴のようなものかもしれません。

京都駅 [北野天満宮 梅苑公開]

春爛漫、

桜の楽しみ方はいろいろ

このような日本の花見の歴史を経た集大成として、現代の桜にはいろいろな愉しみ方があります。昼と夜とで違う顔を見せる桜、人を集わせ笑顔にさせる桜、開花時や満開時、そして散り際といろんな光景を愉しませてくれる桜……。今年も美しくも儚い夢の時間を、心ゆくまで愉しんでほしいものです。

京都駅 [哲学の道]

※気象・自然条件等により記事・写真のような景色が見られない場合があります。また花の開花やイベントのスケジュールが変更になる場合があります。

2017年3月2日更新

YouTuber Kazuの新幹線で日帰り「ふじのくに静岡」大大大大満足旅!!

東海道新幹線沿線

フリーワード

おすすめのキーワード

日本の代表的なグルメ・観光スポットを紹介します。東京・小田原・箱根・熱海・富士山・静岡・浜松・名古屋・京都・大阪エリア周辺情報が満載です。

Japan Highlights Travelとは?

画像・イラストはすべてイメージです。